読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【社員Interview】「眠る才能を引き出せ!」スキルのカジュアル化を目指すエンジニアの思いとは:エンジニア兼ディレクター 上野 諒一

社員interview

f:id:lancers_staffblog:20160715154728j:plain

【プロフィール】

北海道大学工学部卒業、大学院在学中にランサーズと出会い、2014年1月にジョイン。初の新卒エンジニアとしてCVR向上・認定ランサー制度の開発・運用など、「ランサーズ」全体のサービス企画・開発に従事、現在は日本最大級のスキルサービスEC「ランサーズストア」立ち上げの開発責任者としてサービス企画・開発を担当し、新たな働き方の実現を日々追及している。連休には自転車で地方をめぐる旅人。

社会的制約のない働く環境を作りたい

―上野さんは大学院で化学を専攻していたんですよね。IT業界に興味を持ったのはなぜですか?

化学を研究していましたが、もともとは機械専攻だったので、最初はロケットや自動車などのハードウェアのメーカーを希望していました。でもすでに成熟している業界だと感じたので、今まさに大きく変化しているソフトウェア産業に進みたいという気持ちが強くなりました。

―ソフトウェア業界といってもWebサービス、ゲーム、SIerなど、領域は広いですよね。その中でもクラウドソーシングの会社を選んだ理由を教えてください。

北海道の大学にいたのですが、そのころ、北海道で就職したいのに収入とやりがいを満たせる仕事がないとか、障がいがあるために優秀な人でも仕事がないとか、何らかの制約で望んだ仕事ができず苦労していた人が身近にいたんですね。そのとき、「社会的制約のない働く環境を作れないか?」とずっと考えていたんです。そんななかで就職活動をしていて、クラウドソーシングというのがあるのを知り、自分の思いと一致すると思ったんです。

―最終的にランサーズを選んだ決め手は何ですか?

僕は調べるのが大好きで、就職活動の時も候補の企業をめっちゃ調べたんですよ。例えばランサーズで仕事を依頼する人と仕事を受ける人の割合を調べたら1:3で、その割合がずっと保たれているんです。

―1:3の割合が示すものは何でしょうね。

当時僕が懸念してたのは、スキルのある人はすぐ上の方へ行けるけど、スキルのない人はずっと底辺にいてその2極化が進むと、「働き方を変える」という思いも夢物語で終わってしまうことなんですよ。スキルのない人がステップアップできる環境でないとシステムも回らなくなってしまう。他の会社では1:8なのにランサーズが1:3で、しかもその割合をキープしたということは、必要以上の価格破壊を起こさず、まだ特別なスキルを持っていない人も成長していける環境を作ろうという思いの表れだと思ったんです。それが理由の一つで、あとは代表である秋好の魅力ですね。

―秋好社長はどんな人ですか?

「働き方を変えたい」という思いの熱量がすごい。「ユーザーと向き合う」というのはビジョンだけじゃなくて、行動に表れています。自分で問い合わせやSNSでの反響もチェックしてますし、本当にユーザーと真摯に向き合っていると感じます。

f:id:lancers_staffblog:20160715154733j:plain

「ランサーズストア」でスキルのカジュアル化を目指す

―今はどんな仕事をしていますか?

2016年の4月18日にリリースしたばかりなんですけど、ユーザーが自由にスキルを商品化して売買するランサーズストアの企画・開発を担当しています。

―ランサーズストアは今までのランサーズにない面白い仕組みですよね。やっていて良かったことはありますか?

ランサーズストアは仕事を受ける側がコントローラブルになるんですよ。依頼者がいるのである程度合わせなきゃいけない部分はあるにせよ、がんばって苦しく働くのは何か違うな、と思っていて。ランサーズストアが、「自分が働きたい時間に希望の単価で働ける」、つまり、自分の時間と収入をコントロールできる世界への第一歩を踏み出せたのが嬉しいですね。

―似顔絵とか、占いとか、今までランサーズではなかったようなものも登場してますね。

「事業計画書のテンプレート作ります」とか「メルカリで出品するコツを教えます」とか僕らが思ってもみなかったものが出品されて、しかも売れてるんですよ。今まで、仕事を依頼する人と仕事を受ける人で分かれていましたが、ランサーズストアでは普段仕事を受ける側の人が似顔絵やLINEのスタンプを買っている。今までの力学と変わってきているところが面白いですね。

―今後やっていきたいことはありますか?

スキルというと仕事のスキルと思いがちですけど、ハンドメイドクラフトを作るとか、ナレーションを吹き込むとか、Excelがすごい得意とか、そういうのもスキルだと思うんです。スキルをもっとカジュアルに捉えてお金をやり取りする世界を作りたいです。

f:id:lancers_staffblog:20160715154738j:plain

 チャレンジできる環境があるランサーズ

―ランサーズへの転職を考えている人にランサーズに入社するとこんないいことがあるよということを教えて下さい。

実績を積んでいけばチャレンジさせてくれる環境だと思います。そして、チャレンジして失敗しても、ちゃんとチャレンジして、やりきって、失敗したら、評価されて次のチャンスがどんどんくるところがランサーズのいいところだと思います。

―上野さんはどういう人と働きたいですか?

ランサーズは今加速度的に成長している途中なので、同じように成長した企業での勤務経験がある人と働いて刺激を受けたいです。

それからランサーズによって生活している人がいるという意識を持つ人と一緒に働きたいです。Webサービスの場合は障害が発生してサービスが停止すると自分の会社がいくら損したという話になると思うんですけど、ランサーズの場合は、サービスが停止したら利用している人の仕事の機会がなくなることになります。そういう意味でユーザーさんの収入、生活の一端を担っているという覚悟を持って仕事出来る人と働きたいですね。

 

▽ランサーズでは仲間を募集中▽

www.wantedly.com